4月17日(水)のんくらセミナー大阪に参加した所感や備忘録など。

Uncategorized

2019/04/17に大阪で開催された、のんくら本の購入者が抽選で参加できる「のんくらセミナー」に出席してきました(正確には「GoogleAdSenseフォローアップセミナー」)

セミナー自体が初めてだったし、ブロガーやアフィリエイターの知り合いもおりませんので完全ぼっち参加でかなり怯えていましたが、ちゃっかり懇親会まで参加してきました。

セミナーの内容は書きませんが、今回のセミナーに参加することでいろいろと思うところがあったし、今後の方向性が少し見えた気がするので自分への備忘録として本記事を書いてみることにします。

実際に自分が思ったことを素直に書いていきますが、内容はほぼ個人的な精神論をノリで書いたものになります。

【セミナー全般】初心者でも簡単に出来る有益な話があった

今回のセミナーはのんくらさん、a-kiさん、石田さんのお三方のパートに分かれていて、各担当はのんくら本の通り。

  • のんくらさん:SEO、収益化もろもろ
  • a-kiさん:サイト構造について
  • 石田さん:収益化について

この中で一番印象に残ったのは、のんくらさんの収益化の話。

これまで東京、札幌で開催されていたのんくらセミナーの参加者の方達がTwitterで「◯◯の話は目から鱗だった」なんてつぶやいていたのをよく目にしていましたが、目から鱗と言いたくなる理由がよくわかりました。

このセミナーに参加していなければ知り得なかったテクニックを教えてもらえたわけです。内容については微塵も触れないことにします。下手なことを言ってしまうと察しの良い人はわかってしまうかもしれないですからね。

せっかくセミナーに参加しているのだから何か有益な情報を持ち帰りたいとメモを取る姿勢で挑んでいましたが、その◯◯のところは相当メモを取りました。あとから読み返してもその時の記憶をばっちり蘇らせられるように。

このテクニックはある程度記事を公開している人であれば今すぐにでもできる即効性のあるものだと思うので、まずはこれをやろうかなと思ってます。

話は変わって、a-kiさんのサイト構造の話もかなりよかったです。もともとのんくら本を読んだ時に一番興味深くて、のんくら本だけでは飽き足らずa-kiさんの書籍まで読んだほどにサイト構造の話はサイト作成を面白くさせてくれる内容だったので。セミナーではのんくら本にかかれていなかった話も出てきて面白かったです。

石田さんの収益化の話は・・・僕には難し過ぎたのか正直入ってきませんでした・・・。説明はお上手なので理解はできるのですが、自分がやるならどうやって実現しようかという画が描けませんでした。でも石田さんの人柄はよくわかりましたし好感度は上がりました↑↑↑(何のフォローだ・・いや、フォローではありません。本当です)

【セミナーの質疑応答】悩みが具体的ではないと感じた

セミナーの最後のパートで、参加者の質問に答えてもらえる質疑応答がありました。質問はセミナー申込時(だったかな)に事前に質問フォームに書き込んでおく形式で、それについてお三方が答えを用意してくれていたという感じの質疑応答です。

質疑応答を聞いていて思ったことは・・・サイト運営を少しかじるとみんな欲張りになっていくということ(僕自身もですが)

あれもこれも取り入れようとし過ぎかもしれません。

ユーザーファーストで書く!SEOを考慮する!コンバージョンさせるように書く!まぁ全部必要なんでしょうけど、これらの全部を一気に取り入れようとするのは難しいと思うんですよね。ていうか僕には無理です。そんなことができるのは相当ベテランの人くらいなんじゃないでしょうか。

なので記事の書き方について、頭の中の整理の付け方としては「1つずつ丁寧にやる」ってことかなと思ってます。

  1. まずは記事をキレイに書くことだけを考える。
  2. それからSEOを取り入れていく。
  3. コンバージョンするように広告を貼っていく。

SEOやコンバージョンを気にしながら記事を書いているとしんどいのです・・・。

ユーザーファーストとSEO、コンバージョンの全部を満たした記事を書こうと思うと矛盾が生じることだってあると思います。

例えば商品やサービスの紹介記事を書く時に、収益を上げることを優先に考えていると「実はこれちょっとイマイチだけどな・・」なんて思いながら、その商品やサービスをおすすめしているわけです。

ユーザーファーストにしたいけど、バカ正直にやってると売れないって感じる時があるんですよね。

だからある記事はユーザーファースト。またある記事はユーザーを裏切ってでも収益化を狙う、などメリハリをつけて考えることが記事の執筆やサイト作成を楽にするコツなのかなと思いました。

ユーザーファーストで収益も上がるのが理想ですが、そんなに欲張っていると満足な記事が書けることは少ないだろうなぁと。

もちろん嘘は書かないし、悪いところには触れないような書き方をする時はありますが、それを悪いと考えるかどうかですよね。

話を質疑応答に戻しますが、質問内容を見れば自分の立ち位置が少しはわかったような気もしました。

質問内容が具体的じゃなかったりするので、まだ手探り状態なんだろうなぁと思ったりもしてました(僕もですけど)

今まで独学で、人とあまり関わることもなくやってきたので、自分のレベルがどれほどのものかがよくわかっていなかったのですが、少しはわかったような気がします。

質疑応答中、お三方の回答を聞きながら「結局この質問は何が知りたいのか、知ったことで何ができるのか」というようなことを考えておりました。

たしか「どうしたら評価が上がるのでしょうか?」みたいな質問もあって、それに対してのんくらさんが「評価ってどういうことを言っているんでしょうね」と言われたのを覚えています。

「サイトの評価を上げたい」という希望では目指すゴールの画が描けないのですよね。結局それってどうなりたいってことなんだろうか・・・って。

この質疑応答で学べたことは、悩みをもっと具体的にしないといけない。具体的にできればそもそも自己解決できるかもしれない。また、サイト運営には答えがないことを改めて知らないといけないのではないか、ということでした。

サイトを育てる為には、読まれるサイトにしたい、収益を上げられるサイトにしたい、という目標ではあまりにも抽象的過ぎると思わないといけないのではないでしょうかね。

それではゴールに向かってやるべき行動が考えられないので。

【懇親会】生の声を聞くのが有意義だと感じた

懇親会ではのんくらさんとa-kiさんが各テーブルを回って参加者の皆様に直々に話をしてくださりました(石田さんは今回欠席でした)

のんくらさんが教えてくれましたが、今回の60〜70名ほどの懇親会は凄腕のアフィリエイターさんがたくさんいらっしゃったそうで。

僕はシャイなので、最初に座ったテーブルから動くことができませんでした・・・でもこれはどうしようもない。

凄腕のアフィリエイターさん達はすでにグループが出来上がってる感じがあって、そんな中に何の実績も無い自分が飛び込んでいく勇気なんかあるはずがありません。

僕のテーブルはぼっち参加者の集まりだったので、すごく話はしやすかったですね。

うちのテーブルは僕以外が全員フリーランスで、一番印象に残ったのはフリーランスになると税金のことを考えて行動するんだなということ。

税金税金、とにかく税金。どうすれば経費と認められるのかなど、そういった話が聞けて新鮮でしたね。

経費にするためにブログを利用するなんていう話も・・・w フリーランスとしては笑い事ではなく本気なのでしょう。

まぁ僕としてはもうちょっとサイト運営の話も聞きたかった・・・という想いもあってa-kiさんがうちのテーブルに来てくれた時に思い切って悩みをぶつけてみたら、想像以上にわかりやすいアドバイスを返して頂けたので気持ちよく納得出来ました。

とはいえ、僕が取るべき理想の行動はわかったけど、その行動を取る力がない(気力がない)・・・という問題はあるんですけどね。

ブログやサイト作成に関する質問って、SEOとかGoogleの評価とか、質問者自身がどうなりたいかを具体的に言えないようなふわっとしたものばかりで答える側も答えるに答えられないというか、正解がないから具体的な回答ができないというように感じるので、a-kiさんが僕の質問にわかりやすく答えを返してくださったのには清々しさすらありました。

【まとめ】しばらくは情報に振り回されずに済みそう

初めてセミナーに参加させてもらいましたけど、実績のある人の頭の中を覗かせてもらえたような気がしたところが何よりも有意義でした。

あと、会社の仕事に通じるものがあるけどサイト運営をするにしてもやっぱり物事は具体的に考えないといけないってことも改めてわかりました。

くどいようですが「どうしたらサイトの評価が上がるのか」と悩んだ場合、「そもそも評価ってなんやねん・・・」っていう疑問を持たないといけません。

質疑応答の時に、自分にとっても有益なものがあればと思いメモの用意をしていましたが実際メモを取ることはありませんでした。

わかったことは、Googleのガイドラインに沿ったサイトを作れば良いということでした。

もちろん、ここで「Googleのガイドラインに沿ったサイトって何?」という疑問を持たないといけません。それを知るにはガイドラインを熟読するしかありません。

「ユーザー目線のサイトを作るのが一番のSEO!」なんていう言葉をよく目にします。その度にただのキレイ事なのか深い意味があるのか・・・と考えさせられましたが、それはGoogleのガイドラインの中で「訪問者がページを利用しやすいよう手助けする」というようなことが書かれているからなんですよね。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

どんな人の言葉も信用はできないし、信用できる判断ポイントがわからなかったので、Twitterを見ていてもモヤモヤするだけだったんですよね。とはいえ自分よりも実績のある人が言っているから気になるわけで。

今後は、人が発信したことはその情報に気づくきっかけと考え、情報のソースを自分の目で確認することで受け入れて良い情報かどうかを判断するようにしていきたい。

というようなことに気付けたのが、のんくらセミナーで得た一番の収穫かなと思っています。

これは主催者のお三方のトーク力であったり人柄であったり、ひいてはのんくらさんとa-kiさんが懇親会で各テーブルを回って全員と話をしようとしてくれた配慮があったからだと思っています。

次は沖縄でしたっけ?

もし沖縄のセミナーに参加する方でこの記事を読んでくださっている方がいらっしゃれば、1皮剥けるチャンスがあるかもしれません、ということをお伝えしておきたいと思います。

あと、もしのんくらさん、a-kiさん、石田さんが読んでくださっていたら、ありがとうございました。

今回のセミナーで得たものを活かして、サイト運営で爆稼ぎしたいと思います。

子供の将来の大学の費用くらいは稼ぎたい・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました